2017年11月27日

食材持ち寄り鍋会オフレポ 食材持ち寄り鍋会(後半はチーム対戦型キャラクター創作ゲーム)オフレポ:第27回ラノベオフ

9月30日土曜日、文京区にある『アカデミー茗台』で、『食材持ち寄り鍋会』を行いました!
参加者は19名でした。(プロ作家3名、女性6名、学生1名)

IMG_20171126_133526.jpg

久しぶりに調理実習を使ったら、調理道具類が増えていて、なんと土鍋がありました!
これはぜひ土鍋で鍋を作ろうということで、今回は、4つの班すべてで土鍋を使いました。

IMG_20171126_132931.jpg

トールくんの班では、なんと肉団子を材料から作っていました。

IMG_20171126_135609.jpg

一から肉を練って作ると既製品より、遥かにうまい肉団子になります。

IMG_20171126_141117.jpg

るしさんの班は、エビから出しを取った海鮮鍋でした。
エビを煮込んだのみならず、あすくさんが用意してくれたエビのだしの素を入れたところ、エビの風味が良く効いた最高にうまいスープが完成! これにうどんを入れたり、おじやにしたところ、めちゃくちゃうまかったです。

IMG_20171126_153239.jpg

私達の班で作った鍋です。
餅巾着やエビ団子などが入っており、おでんっぽい感じの鍋になりました。

IMG_20171126_141134.jpg

こちらは、きのこ類などの山の幸を煮込んだキノコ鍋です。

IMG_20171126_144802.jpg

鍋に合うかどうかわかりませんが、かまぼこなども入れてみました。

IMG_20171126_153521.jpg

最後に、おじやにチーズとベーコンを入れて、グラタン風チーズリゾットをトールくんが作ってくれました。

IMG_20171126_165812.jpg

これがめちゃくちゃうますぎて、最後の最後に出てきたのに、全員で競い合うように食べました!

4時頃から、作家の東国不動さん、ラミアさんらがゲームマスターとなって、チーム対戦型キャラクター創作ゲームを行いました。



IMG_20171126_145629.jpg

東国さんは、小説が漫画化されるなど、最近、売れっ子なってきている作家さんです。
漫画にサインをいただきました!
(日付をミスって書いてしまっていますが)

チーム対戦型キャラクター創作ゲームとは、キャラクターの立て方と、キャラをブレないで作る方法をゲームを通して学べるもので、漫画の編集者の方に以前、教えてもらいました。
プロ作家さんらの話によると、キャラがブレるのはストーリーが破綻するより悪いことだそうです。

3〜4人のチームを4つ作り、用意したキャラクターイラストと、異世界の学校の生徒という基本設定を元にして15分くらいで、キャラクターを作ってもらいます。
その後、チームリーダーと、チームメンバーを離して、会話できない状態にさせます。
ゲームマスターがキャラクターに対して質問をし、その回答がチームリーダーとチームメンバーで合っていたら正解となってポイントが入るというものです。

例えば、なぜこの学校に入学したのですか?という質問に対して、Aチームリーダーの答えが、「大好きな兄が入学しているから」、Aチームのメンバーの答えが「家が近かったから」では、不正解となります。
これはキャラクターの行動原理がどれだけメンバー間で共有できているか? ひいてはどれだけキャラクターがブレずに作られているかが試されます。

他にも例えば、モンスターが突然、教室に乱入してきたらどうするか?
何をしている時、もっとも幸せを感じるか?
退屈な授業、嫌いな授業をどう過ごす?

など、キャラクターが置かれた状況でどう行動するかを回答してもらう質問をしました。
中には「入学動機、もやし農家になるため」「幸せな時、もやしを育てている時」など、なぜかもやしにこだわるキャラを作ったチームがあって、おもしろかったです。

●収支報告
会費4000円が集まりました。経費は5239円(会場代、鍋の素代、ゲームに使った台紙など)だったので、1239円の赤字です。
オフ会の会費のプールが49999円なので、会費の残高は48760円という状況になっています。
posted by うっぴー at 11:58| Comment(0) | ラノベオフ


▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。オフ会の告知や創作に役立つことをつぶやいています。



メンバーはプロ作家が半分以上。ハイレベルな創作サロン

エンタメノベルラボ
検索ボックス