2018年05月22日

第1回ライト文芸・キャラクターミステリー講習会/企画書・書き出し批評会〜デビューへの道〜

定員に達したため募集を締め切ります

キャラ文芸小説の創作相談掲示板

小説にジャンル分けは不毛かもしれませんが、最近、ライト文芸、キャラクターミステリーというジャンルが確立され、定着しつつあります。
当、ライトノベル作法研究所ではライトノベルの研究を盛んに行ってきましたが、今回はあえてジャンルを絞り、「ライト文芸」「キャラクターミステリー」にのみ絞った講習会を行います。

【講師と講習内容】

講師は15冊ほど小説を出し、複数の新人賞を受賞した現役のプロ作家です。
講習の内容は、初心者から中級者に向けた「ライト文芸」「キャラクターミステリー」の書き方を講義します。

【企画書・書き出し批評】

皆様がお持ちになった小説の企画書、小説の冒頭などを皆で批評します。

これは強制ではないので、手ぶらでも参加可能です。

持ち込める小説の書き出し、企画書などのレギュレーションは下記に書きます。

【時間が余ったら】

創作系のゲームをするかもしれません。
講義中でも、ゲーム中でも、途中退出可能なので気軽に参加ください。

【参加資格】

二十歳以上で「ライト文芸」「キャラクターミステリー」の創作に「真面目」に取り組んでいる方ならば誰でも参加可能です。
今回はデビューを目指す方を対象にしているので、デビュー済みの方はご参加を遠慮ください。

ライトノベルは今回、対象外です。

【日時】

6月23日土曜日 12:00〜17:00まで

【場所】
東京都千代田区神田神保3-10 花井ビル3階
ラノベ作家ファーストさんが運営する「原稿執筆室・カルチャースクール」

https://goo.gl/maps/U2Ti9EZR1Jo

・集英社、小学館、KADOKAWA、芳文社などの出版社から徒歩数分
・週刊少年ジャンプ編集部から徒歩2分

ビルの入り口は電子ロックがかかっているので、入り口の横の電話から、到着をお知らせください。
ロックを解除します。


【参加費】

会場レンタル代として500円いただきます。

【会の流れ】

自己紹介

講師による講義

批評会(人数が多い場合2グループに分かれます)

その後、希望者でガストに移動して二次会を行います。

【必要なもの】

筆記用具、消しゴムなど。

企画書、書き出しを提出される方は、それを印刷したものを持ってきてください。参加者全員で回し読みをするので多めの部数でお願いします。

【持ち込める企画書のレギュレーション】

下記の内容を書いて印刷してください。

・タイトル (作品の命です)
・あらすじ (必ず400文字以内にまとめてください。商業小説の背表紙にあるあらすじを参考にしてください)
・コンセプト(その作品はどういう作品なのか、その作品の売りなど)
・キャッチコピー (一言でその作品を売りを語ってください。商業小説の帯を参考にしてください)
・読者に読んでもらったとき、なにを感じてもらいたいのか。 (読者が読んだときに感じてもらいたい感情を書いてください)
・想定読者 (女性か男性か、あるいは双方か、対象年齢も明記してください)
・想定送付新人賞 (送る新人賞を書いてください)
・参考作品 (この企画を書くに当たってインスピレーションを受けた作品をすべて列挙してください)
・批評の際の注意点 (良いところだけを伝えて欲しい、悪いところも遠慮なく伝えて欲しい、など、お書きください。)

企画書は数です! 上記レギュレーションに沿ってあれば、ひとり5個まで持ち込み可能です。
この企画書提出の趣旨は、「お、面白そうだな」と思ったものを多くの人の目で見てもらい、客観的に評価してもらうことにあります。
だから長々とした企画書はNGとしました。
皆さんも、本屋で本を買うとき、タイトルと表紙、あらすじ、帯だけで本を買うはずです。
そこで面白さを伝えることができなければ、市場で埋没してしまうのです。

【持ち込める書き出しのレギュレーション】

・文字数で5000文字まで。
・タイトル (作品の命です)
・コンセプト(その作品はどういう作品なのか、その作品の売りなど)
・キャッチコピー (一言でその作品を売りを語ってください。商業小説の帯を参考にしてください)
・読者に読んでもらったとき、なにを感じてもらいたいのか。 (読者が読んだときに感じてもらいたい感情を書いてください)
・想定読者 (女性か男性か、あるいは双方か、対象年齢も明記してください)
・想定送付新人賞 (送る新人賞を書いてください)
・参考作品 (この企画を書くに当たってインスピレーションを受けた作品をすべて列挙してください)
・批評の際の注意点 (良いところだけを伝えて欲しい、悪いところも遠慮なく伝えて欲しい、など、お書きください。)

上記企画書と同一のものでも構いませんが、ひとり「一作まで」とさせてください。
当日、持ち込みが多かった場合は、ランダムで読むものを決めます。読まれなかった方は後日、講師が責任を持って読んで感想を送ります。

小説は冒頭が大事です。特に新人賞ではその傾向があります。
新人の方の原稿を何作も読んできましたが、プロと素人の差は、常に読者を楽しませようとしているのかの差だと思います。
読者を楽しませようとしている作品は、冒頭の一ページ目から、工夫を凝らしてあります。

なので、冒頭の掴み、それに序盤の引きは大事です。
そこを意識して書いてきてください。

【持ち込み作品の批評について】

創作会で批評をすると泣いてしまわれたり、感情的になる方が希にいます。アドバイスをしたほうも非常に困ります。
創作者同士で見せ合うとどうしても辛口になりますし、好き嫌いがはっきりしている人が多いようです。
メンタルに自信がない方は良いところだけを批評してください、などとお書きください。
余談ですが、ハンターハンターの富樫先生は、初めての持ち込みのとき、これから漫画家を目指すものですが、その出鼻を挫くくらい批判してください、と編集さんにお願いしたそうです。
その逆に褒めて伸びる人も多いので、各自、適正を判断ください。
posted by うっぴー at 12:56| Comment(1) | ラノベオフ
この記事へのコメント
現在、参加者9名です。
参加をよろしくお願いします!
Posted by うっぴー at 2018年05月22日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。オフ会の告知や創作に役立つことをつぶやいています。



メンバーはプロ作家が半分以上。ハイレベルな創作サロン

エンタメノベルラボ
検索ボックス