2018年12月15日

ラ研忘年会参加のお知らせ。12月15日土曜日17時〜21時。東京都国立

60人入れる国立のパーティスペースを貸し切りました。
今回は、エンタメノベルラボとライトノベル作法研究所の忘年会を一緒に行うことにしました。
プロの作家さんたちが、多く集まると思いますので、情報交換や創作の話などしたい方は、ぜひ参加ください!

★重要。差し入れ歓迎です!

【日時】

12月15日土曜日
17時〜21時まで

【場所】

東京都の国立にあるスペースコウヨウ3階

image.jpg

住所
 東京都国立市中1-15-2向陽ビル3F

地図


中央本線、国立駅徒歩5分の場所です。


【参加費】

オンラインサロン・エンタメノベルラボの会員は
2500円

それ以外の方は
3500円

お知り合いの方を誘っていただいてもOKです!


【定員】

60人

【ゲスト】
ゲストとして、文学フリマ代表の望月倫彦さんに参加いただきます。
望月さんによるトークイベントを17:10〜18:10まで予定しています。
これは強制参加ではなく、忘年会をしたい人とトークを聞きたい方のブースを区切って行います。

文学フリマ代表・望月倫彦氏による講演

テーマ:
『作家を志す者、同人誌にもチャレンジすべし!
〜イベント「文学フリマ」を創作の跳躍台とせよ』
アウトライン:
・なぜプロも文学フリマで同人誌を売るのか?
・商業デビューの道は“賞”と“PV”だけ? 文学フリマからデビューの道はあるのか?
・超オフレコ! ビジネスパートナーから見た「なろう」「エブリスタ」攻略法


【イベント「文学フリマ」紹介】
「文学フリマ」はアマチュア作家、ライターの祭典であると同時に、商業作家や編集者、出版関係者など活字に関わる人たちが数多く参加する文学作品展示即売会です。
直木賞受賞前の桜庭一樹さん、桜坂洋さんが文学フリマ限定の合作本を出したのをはじめ、長野まゆみ、三浦しをん、長嶋有、朝松健、桑島由一、森田季節など、一般文芸からライトノベル作家まで多彩な方々の参加実績があります。

編集者や出版社社員など業界関係者も多数来場していることも特徴で、ピース又吉直樹は文学フリマの会場で文藝春秋社の編集者と出会い、のちに『火花』を執筆するきっかけとなりました。昨年出版され、ベストセラー入り、コミカライズ(そして来年はドラマ化)と、話題が尽きないこだまさんの『夫のちんぽが入らない』はもともと文学フリマで販売していた同人誌に編集者が惚れ込み、商業出版されたもの。
また、皆様おなじみの「小説家になろう」(ヒナ・プロジェクト)「エブリスタ」「monogatary.com」といった小説投稿サイトも出店し、コラボ企画も実施しています。
文学フリマは同人誌即売会の世界で、最大手のコミックマーケットとは一線を画す文章系イベントとして、国内屈指の存在感を誇っています。

【準備を手伝ってくださる方。大募集!】

大人数が参加する会なので、準備を手伝っていただけると大変ありがたいです!
と言うより、瀬川さんと二人では不可能な量のドリンクと食べ物を運ぶので、ぜひご協力お願いします!

当日、準備を手伝っていただける方は、16時20分に国立駅に集合していただけると助かります。

その後、2手に分かれます。

ドリンク類を、国立駅のすぐそばにある西友で買うグループ。
(お箸、紙コップなどは事前に買って用意しておきます)。

「ほっともっと」で予約注文しておいたパーティ用のオードブルセット、おにぎりセットを受け取りに行くグループ。

ご飯類は、「ほっともっと」のオードブル、おにぎりセットを用意します。
https://www.hottomotto.com/party/oeuvre.html

国立店 ほっともっと
https://goo.gl/maps/dLRbhdmRDKr

2つのグループは、10分前に会場に到着できるようにします。
よろしお願いします!

●申し込み

 こちらのメールフォームより申し込んで下さい。


posted by うっぴー at 00:00| Comment(2) | ラノベオフ

2018年12月02日

ベテランのプロ作家があなたの小説にアドバイスをしてくれる会。オールジャンルOK

定員に達したため、募集を締め切りました!
以下の2つの会は、まだまだ参加者募集中ですので、よろしくお願いします!

第2回エンタメノベルラボの小説プロット勉強会。プロ作家と本気でプロになりたい人のための会

食材持ち寄り鍋会・第30回ラノベオフ2018年11月23日金曜日(勤労感謝の日)開催!

プロの小説家の先生が、あなたの作品の添削をし、アドバイスをいたします。
その後、各自持参したプロットの批評をします。

ライトノベル、ライト文芸、キャラクターミステリー、SF、一般文芸、本格派ミステリー、時代小説、歴史小説、エンターテイメント系ならば、ジャンルはなんでも有り!

気軽に参加をお待ちしております。

【日時】

2018年12月2日 日曜日
13時00分〜17時00分


【場所】

東京都文京区千石1‐25‐3
アカデミー千石
学習室A


電話
03(3946)4430

施設の写真
sengoku_0001.JPG

学習室Aの室内
sengoku_0002.JPG

【参加費】

300円


【定員】

14名


【参加資格】

・小説家を目指すアマチュアの作家さん

・企画書と小説の本文15〜30Pを事前にテキストファイルで送ってください。
企画書と小説本文は、講師の作家さんが事前に読みますので、12月2日の最低でも1週間前には、メールで送ってください。
小説本文と企画書は同一の作品でお願いします。

※企画書と小説は、過去、ライトノベル作法研究所に持ち込んでいないものに限ります。完全新作を持ち込みください。


【会の流れ】

『前半13:00時〜15:00時』

・プロの小説家が皆さんの作品を事前に読み込み、添削し、当日、良いところや悪いところや推奨レーベルなどを記載し、お返しします。

・その間、手持ち無沙汰の人は会場にいる皆さんに自分の作品をプレゼンし、読んで感想を聞かせてもらいましょう。

『後半15:00時〜17:30時』

・創作ゲームをいたします。タイトルをランダムに決めてああだこうだ議論し合う『横暴編集長』。絵が下手でも面白い『お絵かきゲーム』。殺伐としないで手軽にできる『人狼系』などをします。


【豪華講師】

年間10冊以上小説を出版しているベテラン先生が講師します。
ライトノベル、文芸、漫画原作などで第一線の活躍をされています。
以下はこの先生による前回の勉強会のオフレポです。

ベテラン作家による魅力的なキャラクターの作り方講座!&プロット・小説の冒頭勉強会〜オフレポ:第10回ラ研創作会

【必要なもの】

筆記用具、消しゴムなど。当日、他の人に読んでもらう用のプロットと本文。

【持ち込めるプロットのテンプレート】

下記の内容を書いて印刷してください。

・タイトル (作品の命です)
・あらすじ (必ず400文字以内にまとめてください)
・キャラクター( 主人公とメインヒロイン、悪役の設定。漢字のキャラ名にはふりがなをつけてください。キャラクターの個性が伝わるセリフを書いてください)
・コンセプト(その作品はどういう作品なのか、その作品の売りなど)
・キャッチコピー (一言でその作品を売りを語ってください。商業小説の帯を参考にしてください)
・読者に読んでもらったとき、なにを感じてもらいたいのか。 (読者が読んだときに感じてもらいたい感情を書いてください)
・想定読者 (女性か男性か、あるいは双方か、対象年齢も明記してください)
・想定送付新人賞・小説投稿サイト (投稿先を書いてください)
・参考作品 (この企画を書くに当たってインスピレーションを受けた作品をすべて列挙してください)
・批評の際の注意点 (良いところだけを伝えて欲しい、悪いところも遠慮なく伝えて欲しい、など、お書きください。

【持ち込める本文のテンプレート】

文庫換算で15ページから30ページ。
提出するのはテキストデータでお願いします。

どんなジャンルでもそうですが、冒頭だけでその作品の面白さは決まります。
アニメも漫画も一話で見切りを付けますよね?

小説だけが例外ではありませんので、冒頭は意識して書きましょう。


【批評の注意点】

創作会で批評をすると泣いてしまわれたり、感情的になる方が希にいます。アドバイスをしたほうも非常に困ります。
創作者同士で見せ合うとどうしても辛口になりますし、好き嫌いがはっきりしている人が多いようです。
メンタルに自信がない方は良いところだけを批評してください、などとお書きください。
余談ですが、ハンターハンターの富樫先生は、初めての持ち込みのとき、これから漫画家を目指すものですが、その出鼻を挫くくらい批判してください、と編集さんにお願いしたそうです。
その逆に褒めて伸びる人も多いので、各自、適正を判断ください。

●当日

 当日は、会場まで直接お越し下さい。初めてだと若干、わかりにくいかも知れないので、早めに来られることをオススメします。

 受付で、会費300円をこちらの招き猫貯金箱に入れて、名簿のご自分の名前に丸をつけてください(お釣りが必要な場合は主催者に伝えてください)。

NEC_0418.jpg

 その後、置いてある名札に名前を記入していただき、胸など他の人から見える位置につけてください。

 リピーターの方の名札は用意してあるので、そのまま身につけていただければOKです。
 途中参加、途中退場、入退室は自由とします。


●オフレポ

 オフレポは自由に書いていただいてOKです。

 ただし、他の参加者の批判や悪口などは書かないようにしてください。また、参加者の住所、氏名(本名)、年齢、職業などのプライバーシーに関することは伏せてください。
 オフレポを書いていただいた方は、メールで送って下されば、ブログ上に掲載します。

●申し込み
定員に達したため募集を締め切りました!
またの機会によろしくお願いします。
posted by うっぴー at 00:00| Comment(0) | ラノベオフ

2018年11月25日

第2回エンタメノベルラボの小説プロット勉強会。プロ作家と本気でプロになりたい人のための会

食材持ち寄り鍋会・第30回ラノベオフ2018年11月23日金曜日(勤労感謝の日)開催!
毎年恒例の鍋会も開催予定!。こちらもぜひ参加ください。

【主催】

ライトノベル作法研究所の管理人うっぴー

小説家:瀬川コウ
ゲーム「東京クロノス」シナリオライター。 直近の書籍は10/6発売の「君と放課後リスタート」


【日時】

11月25日日曜日
13時〜17時まで

【場所】

〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目11-13
博雅ビル4F 403号室
新宿三丁目 レンタルスペース 会議室

地図URL
https://goo.gl/maps/iu6Dg1aAias


【参加費】

オンラインサロン・エンタメノベルラボの会員は
500円

それ以外の方は
3000円

【会の流れ】

自己紹介

企画書・プロットの意見交換、批評

【定員】

30名

【必要なもの】

筆記用具。小説プロット。


【プロットのテンプレート】

下記の内容を書いて印刷してください。

・タイトル (作品の命です)
・あらすじ (必ず400文字以内にまとめてください)
・キャラクター( 主人公とメインヒロイン、悪役の設定。漢字のキャラ名にはふりがなをつけてください。キャラクターの個性が伝わるセリフを書いてください)
・コンセプト(その作品はどういう作品なのか、その作品の売りなど)
・キャッチコピー (一言でその作品を売りを語ってください。商業小説の帯を参考にしてください)
・読者に読んでもらったとき、なにを感じてもらいたいのか。 (読者が読んだときに感じてもらいたい感情を書いてください)
・想定読者 (女性か男性か、あるいは双方か、対象年齢も明記してください)
・想定送付新人賞・小説投稿サイト (投稿先を書いてください)
・参考作品 (この企画を書くに当たってインスピレーションを受けた作品をすべて列挙してください)


【批評の仕方はマンツーマン形式】

自己紹介で、例えば、「私はなろう小説が好きです!なろう小説を読みたいです」
と自分の書いているジャンル、好きなジャンルのことを話します。

小説の講評は、なろう小説が好きな人が女性向けキャラ文芸を読んでも、ジャンルで求められているおもしろさがまったく理解できないので、正しい評価が行えません。
なろう小説で勝負したい人は、なろう小説が好きな人、よく理解している人にプロットを見てもらう必要があります。

自己紹介の後、一対一での小説プロットの講評を行いますので、なろう小説が書きたい人は、同じくなろう小説が好きな人のところに行って、プロットを見せてください。

そして、自分の作品がいかに凄いか、どこが面白いか、プレゼンしてください。
それを聞いた読み手は、読了後、ここが良かった、悪かった、を本人にその場でお伝えください。

この方法のメリットは多々有ります。
実際にプロデビューしたあと、短い会話で編集さんに自作の良いところを伝えねばなりません。
短い言葉で、相手に興味を持たせられる、ということは、それだけその作品の面白さを担保することになります。

また、読み手もその作品のどこが面白かったのか、面白くなかったのか、言語化することによって、己の糧とすることができます。

【申し込み】

エンタメノベルラボの会員の方は専用のグループから申し込みください。


【エンタメノベルラボ】

https://lounge.dmm.com/detail/1352/

作家デビューしプロとして一生食べて行く!ことを目的としたオンラインサロンです。

「プロ作家や編集者が多く集まり、本質的な情報交換や勉強ができる場を作りたい」

という思いから立ち上げました。
ネットで手に入る情報は嘘やデマ、加工された情報も数多くあり、選別が大変です。
最も価値があるのは一番正解に近い「現場情報」。すなわち、プロ作家や編集者の生の意見です。


プロから批評をもらえる場

小説投稿サイトでは読者からの「感想」は来ますが、どうしたらもっと良くなるかという信頼の置ける「批評」はもらえません。
プロになる上でそれは非常に重要なことです。
実際に、遠藤遼さんは、作家の瀬川コウさん(エンタメノベルラボの運営者)からアドバイスをもらったことでデビューでき、何作品も本を出すことができています。

プロ同士でも批評交換することで、より高みに昇ることができます。

作家として生き残っていくための横のつながりを作る場

プロとして生き残っていくためには、小説を書く能力だけでは不十分です。
仕事を得るためのコネクション、横のつながりが何よりも重要になってきます。
例えば、瀬川コウさんが開いたバーベキューに参加した邑上主水さんは、そこで瀬川さんの担当編集者と知り合った縁で、本を出すことができました。


主な活動として

・メンバー(プロやそれに準じた人)を講師としたオンラインでの音声を介したリアルタイム講義を行います。直接質問もできます。変化の激しい出版業界で生き残っていくための情報やノウハウを交換します。

毎月、プロット勉強会を開きます。メンバーは半額以下の料金で優先的に参加できます。

また、専用のLINEグループで、創作論などの情報交換を行います。6割以上が現役のプロというハイレベルな勉強の場になっています。

エンタメノベルラボの詳細、申し込みはこちから!
posted by うっぴー at 13:35| Comment(0) | ラノベオフ


▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。オフ会の告知や創作に役立つことをつぶやいています。



メンバーはプロ作家が半分以上。ハイレベルな創作サロン

エンタメノベルラボ
検索ボックス